page top
会長挨拶
 「食」と「会話」は生きていくうえでの根幹です。食べることで生命を維持し、会話は社会とコミュニケーションを持つ大きな機能を担います。したがって歯科医療は口の機能を維持させることによって、人の「生きる力」を支える仕事だと思います。日本の高齢化の速度は早く、現在の高齢化率は25%を超し、超高齢社会を迎えました。高齢化は必ずしも健康で長生きの状態ではなく、病気などで自立を失う期間が長くなることもあります。人間らしく過ごすために、歯科医療、歯科保健が健康長寿に貢献できるよう、筑紫歯科医師会として地域住民のために取り組んでいます。
 筑紫歯科医師会は4市1町(春日市、大野城市、筑紫野市、太宰府市、那珂川町)の地域で医療に取り組む192名の会員で組織されています。大正13年に創立し、昨年「一般社団法人」として新たに出発しました。今後も会員の先生は「かかりつけ歯科医師」として地域の方々に医療を通して真摯に向き合い、皆様の口の健康の維持に貢献してまいります。

 本会ホームページでは皆様に歯科医師会の活動や皆様の「歯と口の健康」の情報を載せていきます。ぜひご覧頂きたいと思います。