page top
寝たきり訪問診療

歯科における介護保険

介護保険において歯科の役割は、居宅サービスのうちの居宅療養管理指導です。
これは、歯科医師による訪問歯科診療から始まります。

(高齢者は、ほとんどが口腔領域の2大感染症であるウ蝕と歯周病に罹患しています。
D腔ケアにより誤燕性肺炎の発症が減り、全身先熱の減少をみることがでさます。)

※歯科医師は、要介護者に対して訪問して行う継続的な歯科医学的管理に基づく
①居宅介護支援事業者(ケアマネジヤー)等への情報提供 。
②介護上必要な口腔衛生等の留意事項、介護方法等についての利用者
③家族等への指導助言を行うこと。(1ケ月に1回算定、940単位〔1単位10円])
※歯科衛生士等によるものは、歯科医師の指示に基づく訪問口腔衛生指導(訪問歯科診療を
  行った要介護者等に対する口腔内の清掃・有床義歯の清掃・についての実施指導)です。
(1カ月に4回算定、1回500単位[1単位10円]

◇「居宅療養管理指導料」は要介護度による給付限度額とは別枠の給付です。

訪問歯科診療・居宅療養管理指導の申し込みは、患者さんから、ケアマネージャーから、
行政からの
3通りの方法があります。
まずは、筑紫歯科医師会(092-572-8211)までご連絡ください。

在宅寝たきり老人など訪問診療 依頼件数

平成 平成16年 平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年
33名 30名 25名 15名 10名 12名 6名 6名